artisanケーブルのデニールとは?

 当店のartisanケーブルには様々な組み合わせが存在します.これから種類を増やしていきますのでよろしくお願いいたします.さて,デニールとはケーブルスリーブの網目の粗さを指します.当店ではローデニール,ミドルデニールが現在のラインナップです.画像を見たほうがわかりやすいと思います.上はブルーのパラコードにローデニールのクリアを被せたもの,下はブルーのパラコードにミドルデニールのクリアを被せたものです.

また当ページの背景はすべてミドルデニールのホワイトです.

 耐久性についてはどちらも通常使用の範囲内では破れることはありません.強いて言うならミドルデニールのほうが固いので耐久性があるでしょう.逆にローデニールはミドルデニールよりも柔らかいのでリバースコイルでも柔軟性が欲しい方にはメリットがあります.しかしながらローデニールはコイル巻きをした際,網目にずれが生じやすいです.​将来的にハイデニールも取り扱う予定です.

​ミドルデニール

​ローデニール

  nokke/cablesのオリジナルケーブル

 artisanケーブルはコイル巻きをしてメタルコネクタ(アビエーションコネクタまたはデタッチャブルコネクター)で分離することができるUSBケーブルで,大体どこでも形は似たようなデザインです.当店のオリジナルケーブルは既存のartisanケーブルにひと手間加えたもの,またはコイル巻きにこだわらずに作られた新たな形のartisanケーブルです.

 リバースコイルとは?

 当店のARTISAN CABLEはリバースコイルケーブルです.リバースコイルはコイルの形状保持機能に優れており,型崩れしにくく見栄えが良いという特徴があります.その反面,ノーマルコイルよりもコイル部分が伸びにくいです.

ホスト(PC)-デバイス(キーボード)間の距離と本製品の長さには十分注意してご購入ください.

 リバースコイルの長さについて

リバースコイルはノーマルコイルよりもコイル部分が伸びにくいです.ホストからデバイスまでの長さはUSB type-Aからコイル部分までの直線距離で測定しております.

お客様のホスト(PC)-デバイス(キーボード)間の距離と本製品の長さには十分注意してご購入ください.(写真は旧仕様です.実際にはデタッチャブルコネクタの真ん中にネジはありません)

ホストエンド(USBType-Aからデタッチャブルコネクタまでの区間)

​デバイスエンド(USBmicroB/TypeCからデタッチャブルコネクタまでの区間)